はんこの豆知識

 はんこを捺すとき、朱肉を浸けすぎて印影が滲んだり逆に足りずに写らなかったり、また訂正の仕方や捺印の場所などいろいろ疑問に思うことが多くあるのではないでしょうか?私も、どう対処すればいいのか分からないことがたくさんあります。そこで、はんこについてのちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。知っておくと、得する情報ばかりなのでチェックしてくださいね。

はんこのこんな場面、どうするの?

はんこを捺し間違えたときの訂正方法

 書類や契約にはんこを捺すとき、間違えて捺してしまうことよくありませんか?私はよくあります。「印」の文字があればいいのですが、たまにその文字が無い場合、どこに捺せばいいのか分からず間違ってしまうことがあるんですよね〜。落ち着きがないだけかもしれませんが、せっかく記入した書類がはんこの捺し間違いによってもう一度やり直し、なんてこともあるかもしれません。だいたいが訂正印を捺せば大丈夫だと思いますが、では訂正印の捺し方って皆さんはきちんと把握しているでしょうか?はんこを使う機会が多い方にとっては当たり前かも知れませんが、基本的な知識としてご紹介したいと思います。
 もし、はんこを捺し間違えた場合、皆さんはどのようにして訂正していますか?恐らく、間違って捺した印影の上から少しズラして捺印するのではないでしょうか?それでも問題ない場合もあるのですが、それよりかはボールペンで間違って捺した印影を二本線を引き、その横に捺印する方法が一番ベストな訂正の仕方になります。この方が「訂正」したということがハッキリ分かりますので、皆さん間違ったときはこのようにしてくださいね。

はんこを捺す場所について

 はんこを捺す場所って、ちょっと気になりません?特に決まった場所はないのですが、でもここに捺していいのか迷ってしまうことありますよね。「印」のしるしがあればいいのですが、ない場合どういったことに気をつけてはんこを捺せばいいのかちょっとご紹介したいと思います。まず、重要なはんこである実印。実印を使う場合って、とても重要な場面のときですよね。では、どこに捺した方が一番良いのか?実印を捺す場合は、名前に重ならないように捺しましょう。実印は印鑑証明として登録しますので、印影が一致しないと無効になる場合もあります。
 逆に離れすぎていてもいけません。名前から離れた場所に捺印してしまうと、証明であるはんこが本当にこの人のものかどうか疑わしくなるからです。一番適した場所は、名前に重ならず、また離れすぎずといった場所。つまり、名前の横に捺せば大丈夫でしょう。会社の角印の場合、会社名が記載された場所に重ねて捺すことがありますが、角印は印鑑登録のように一致させる必要がないため、問題ないようです。

朱肉を浸けすぎた場合どうするの?

 今の朱肉はスポンジタイプのため、朱肉が足りないといったことは少ないと思いますが、逆に浸けすぎることは多いと思います。浸けすぎてしまうと、文字が滲んでキレイな印影を捺すことができません。また乾きも遅いため、他の書類と重ねてしまうとその書類の裏面に写ってしまうこともあります。では、こんなときはどうするのか?はんこを捺した後に浸けすぎだと思ったときは、ティッシュで軽く拭いてあげましょう。そうするとキレイな印影を残すことができます。あまり強く拭き取ると文字が滲んでしまうのですが、ある程度力を入れて拭いても問題はないでしょう。朱肉を浸けすぎたと思ったときは、ティッシュで軽く拭いてあげれば書類もキレイな印影のまま残すことができます。

Favorite

犬服の通販なら【YY style】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/yypet/
インド雑貨や絵画の通販
http://www.india-kaiga.com/
ウェディングドレスのオーダーは【Kind】
http://www.kind-pr.co.jp/
ドッグフードの通販は【My treasury ARF】
http://shop.mytreasuryarf.com/
合宿免許を取るなら【信州伊那自動車学校】
http://www.shinshu-ina.com/

Copyright (C) 2008 hankopet. All Rights Reserved.